探偵業者とのトラブル

探偵調査のトラブル

探偵に調査を依頼して、特に寄せられる苦情の多くは、金銭トラブルです。
途中から人員を追加され、その分の追加料金を上乗せされたり、ローテーションをするからと待機している人員の分の嵩増し追加料金。
また、契約書が存在しなかったり報酬料金に納得がいかず、キャンセルを申し出た所、キャンセルを拒否されたりキャンセル料を請求されたりなどのトラブルも多く見られるようです。
これらのトラブルの多くは、大手の探偵事務所に多い傾向があります。
小規模の探偵事務所では、調査で得た情報や依頼主の個人情報を使った恐喝や脅しといった事件を起こす事があるようです。
とはいえ、大手なら必ず金銭トラブル。小規模なら必ず恐喝をする…ということはありません。あくまで、それぞれそういうトラブルを起こす事があるというだけで、誠実な探偵事務所も多く存在します。

探偵事務所とトラブルになったら

もし上記のような探偵とのトラブルになってしまったら、まずは国民生活センターに連絡しましょう。
サービスや商品に対する苦情を受け持ってくれる行政機関です。まずはここに相談してみるのが良いでしょう。
また、餅は餅屋とも言うべきでしょうか、全国には、探偵事務所や興信所が加盟する協会や団体が複数存在しますので、そこに相談するのも有効です。そもそもトラブルになるよりもっと前、依頼する前にその探偵事務所がどこの協会に加盟しているのか確認しておくと、トラブルの相談がスムーズに行くでしょう。
他にも、探偵との間に起きるトラブルは法に触れている場合があるので、法に詳しい弁護士に相談するのも一つの手と言えるでしょう。
キャンセルトラブルは避けようがありませんが、金銭トラブルなどで後から困らないよう、依頼時に契約書類や料金などをしっかり確認するようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る