良い探偵事務所の選び方

悪い探偵事務所とは

探偵業を営むには、公安委員会に探偵業届出証明書を提出する必要があります。提出していれば必ず証明書番号が明記されているはずなので、それらが無い事務所は論外です。恐らく詐欺でしょう。
ホームページ内に住所の記載が無いのもとても怪しいです。
また、「成功率○%~」と謳っている広告は一見良さそうに見えますが、根拠がありません。何を持ってして成功とするかはさじ加減なので何とでも言えてしまいます。
安すぎる料金体系にも気をつけましょう。どんなものにも言えますが、安かろう悪かろう、です。絶対悪いと言う事はありませんが、あまり期待は出来ないと思っておきましょう。勿論高ければ絶対良いとも言い切れませんが。
内訳が分からない報酬の提示にも注意です。依頼フォームや電話口での話だけで詳しい内容を聞かずに総額だけ通達してくる業者は避けましょう。

実際に事務所に出向きましょう

ホームページなどで良し悪しを見極めるのには限界があります。上記のように記載が無い事務所は論外ですが、上記を避ければ絶対に良い業者とは言い切れません。当たり前ですが、基本的に自サイトには良いことしか書きません。どこも良いように見えてしまうのは当然です。
まずは依頼に当たり、事務所まで出向きましょう。そこで依頼内容を詳しく説明し、届出証明書の存在を確認し、業者の対応を見ましょう。所持している車の数や、撮影機材にお金をかけているかも判断材料になるでしょう。
契約に当たっては、契約内容を特に入念に確認しましょう。料金は一律か、先払いか後払いか。何を持って調査成功とするか。調査期間、調査人数などもよく確認しましょう。
また、調査報告を裁判での証拠に使うならば、見積書や報告書のサンプルを見せてもらい、出来を確認するのもいいでしょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る